メインメニュー
学校紹介
その他
北条南中日記のカテゴリー

2018年9月16日(日曜日)

第71回体育大会 ”限界突破”感動の一日

カテゴリー: - minami_001 @ 17時17分10秒

 9月16日(日)さわやかな秋空の下、第71回体育大会が開催されました。9月に入って台風21号の通過や秋雨前線の影響で雨の日が多く練習もままなりませんでしたが、何とか天気も回復し、2年ぶりに予定通りの日曜日開催となりました。また、今年度は新しい体育主任の指導もあり、プログラムや種目も一部変更され、これまで以上に感動の体育大会が繰り広げられました。

 8:30の開始の合図で、ブロックごとに並んだ全校生徒が颯爽と入場し、開会式では各ブロック長による勇ましい選手宣誓が行われ、競技が始まりました。短距離走といえどもトラック3/5周の約130m走、フラフープを巧みに回すミス南中、借り物競走。続いて重さ20圓良兇鮖戮┐襯潺好拭柴鄰罎任蓮∨楾仔汎辰”ザ・対決”で、力自慢のお父さんも一緒に競技(結果はどの学年もお父さんたちの圧勝)しました。借り人・物競争では私もまさかの3年男子との併走!グループ種目で息の合った女子縄跳びリレーや男子2人3脚リレー、PTAによる玉入れではさすがに3年生チームが勝ちました。そして、部活動行進では本校のすべての部活動生がユニホームで堂々と行進し、2年ぶりに部対抗リレーも行われました。PTAによる男女アスリートチームも参戦し、大接戦を展開しました。1年生だけでなく2、3年生や地域の方も参加した高縄音頭、長縄跳びや籠やリレーのグループ団体種目も大いに盛り上がり、綱引きでは優勝した黄龍チームと保護者の対決もあり、午前の競技が終了しました。

 昼食後の午後の演技はいよいよ応援合戦。どのブロックも4分間の演技に工夫を凝らし、迫力のある声量と表現で一体感に溢れ、すばらしい応援が繰り広げられました。その後、1年タイフーン2018、2年栄光の架け橋、3年絆の学年団体種目が次々と行われ、最後に学級対抗とブロック対抗の白熱したリレーで、今年の体育大会の幕を閉じました。

 

 夏休み前から3年生を中心に、実行委員やブロックリーダーが計画・準備に当たり、夏休みも毎日のように学校に来ては応援の立案と練習をしていました。私自身、本校で初めての体育大会であり、「南中の体育大会はすばらしい」と先生たちから聞いてとても楽しみにしていました。私の予想を遙かに上回る、大会スローガン『限界突破〜さらなる高みへ〜』にふさわしい生徒たちの漲る力と躍動感、団結力に、多くの感動を得ることができました。これこそが、前身の高縄中学から脈々と流れる伝統であると思いました。

 これで南中の”夏の陣”は終わり。1ヶ月後には”秋の陣”として合唱コンクールが開催されます。季節は秋。学業に、芸術に、スポーツに、生徒会スローガン『見つけよう  自分の色  輝け南中』にもあるように、一人ひとりが今後ますます自分の色を輝かせ、それらを結集して輝く南中を築いていってほしいと願います。

 

 最後に、日頃から本校を支えてくださる保護者や地域の方々、早朝より生徒たちに温かいご声援を送っていただいた方々に、心より感謝申し上げます。

 

体育大会.JPG
                 
今年の体育大会を支えた3年生たち

 

 

 


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 松山市立北条南中学校